日創研は中小企業の活性化を目指す

日創研は1987年に設立されたという会社です。大阪に本部が設置されているとのことで、他にも東京や名古屋、福岡、札幌といった都市に研修センターや営業所が設置されているようです。たくさんの会員企業が存在しているといい、会員のためにサービスが提供されています。

日創研石川経営研究について見る

そんな日創研は中小企業の活性化を目的として活動しているといいます。中小企業のための指導方法を用いて研修を実施しているようです。その内容は実務的であり、とても効果があると評判になっているといいます。日創研の研修は主に可能思考教育と職能教育が中心となっているようです。可能思考教育では、人格面の教育を行うそうです。一方、職能教育では、職務遂行能力を向上させるための教育を実施しているといいます。これらを中心として、さらに各種プログラムの開発をして提供をしているのだそうです。日創研のプログラムは、実際に効果が感じられることを重視しているそうです。そのために、実習やケースメソッドを含めた内容となっているようです。そのため、実際の仕事にすぐに役立てることができるのではないでしょうか。こうした効果的な研修を実施しているのです。

また、日創研では階層別のプログラムを用意しているようです。こうすることによって、体系的に人材の育成に取り組むことができるといいます。企業にはさまざまな階層の社員が存在しています。それぞれが必要としている研修は異なっています。それぞれの階層に応じて伸ばすべき能力には違いがあるでしょう。それに対応したプログラムを日創研は用意しているということです。

日創研の研修を受講している人の数は、年間にのべ2万人を超えるほどの数になっているといいます。これまでに、数十万人という人達が受講してきた実績があるのだそうです。その人達は、それぞれの所属している企業や団体で活躍しているといいます。

このような研修だけではなくて、日創研では経営コンサルティングを実施し、経営専門誌を発刊するという活動もしているようです。さらには企業が活用することができる、教育ツールの開発にも取り組んでいることが見て取れます。研修以外の事業も充実していることがわかるのです。

日創研は、今後も中小企業のための事業活動に取り組んでいくのでしょう。日本の中小企業が元気になるならば、それは日本経済全体に大きな影響を与えることができるのです。もっと元気な企業が増えることを、日創研は願っているといいます。そのために、自分達にできることに取り組んでいるのだそうです。もっと多くの中小企業の役に立ち、頼ってもらえる企業となるために、今後も努力を続けていくのではないでしょうか。実際、こちらの事業を頼りにしている企業は多いようです。

投稿日:

日創研は中小企業の活性化に貢献する

日創研の事業は中小企業の活性化のようです。これは中小企業を元気にすることによって、その成長発展に貢献するというものです。そのために、人材育成のためのサービスを提供しているといいます。日本の企業の大部分は中小企業です。中小企業が元気にならなければ、日本の経済も元気にならないでしょう。現在、多くの企業が業績不振に陥っており、それによって日本の経済も落ち込んでいます。このような状況を改善したいと願っているというのが日創研であり、そのために中小企業の人材育成に取り組んでいるといいます。多くの企業が日創研の人材育成を頼っており、信頼しているのだそうです。実際、これまでに豊富な実績があるということです。

日創研には、会員企業がとてもたくさんいるといいます。それらの企業がすべて黒字になることを願っているのだそうです。共に学んで共に栄えることを経営理念としているのが日創研です。そうすることでみんなが発展して、日本の社会を繁栄させたいと強く願っているのだそうです。

日創研は人材育成とコンサルティングを主な事業として展開しているようです。それらを中小企業に向けて提供しているのです。そんな日創研には教育理念があるようです。それは人生三観です。職業観と人生観、人間観を重視しているといいます。

日創研は、シリコンバレーオフィスというものを開設しているようです。こちらはシリコンバレーにおいて情報収集をしたり、視察セミナーを企画したりしているといいます。また、スタンフォード大学ともネットワークを形成しているようです。このようにして最新の情報を集めて、中小企業の発展に強く貢献しようとしているのです。また、教育による社会貢献にも取り組んでいるというのが日創研の特徴となっています。たとえば、モンゴルにおいて学校兼寮を運営しているようです。モンゴルの子供達を受け入れるための施設を建設しているのだそうです。また、平成こども論語塾というものを開催しているようです。こちらでは、これからの日本を支える子供に土台を創るための教室として開催されているといいます。子供の頃に本物に触れる経験をさせているのだそうです。

このように幅広い活動をしているのが日創研です。これらの活動によって、日本の発展にこれからも貢献していくでしょう。日本の経済を元気にさせることができれば、日本の人々の豊かな発展に寄与することができるのです。そのために、学びの事業に専門的に取り組んでいるのだそうです。これまでに豊富な教育ノウハウを有しているということで、活きた学びを体験できるプログラムを提案しているのが見て取れます。これからも多くの企業や人々の教育に携わっていくのではないでしょうか。

投稿日:

日創研は研修を実施している

日創研はさまざまな研修を提案しているようです。その研修を通して、中小企業の人材育成に取り組んでいるといいます。そうすることによって、中小企業の活性化に貢献しているのだそうです。企業を活性化させるためには、人材育成に取り組まなければいけません。たとえば、社長や幹部をはじめとして、すべてのスタッフの意欲を引き出して、それぞれの能力を高めるための研修となっています。これによって、社員同士のコミュニケーションはスムーズに進むようになり、社内の風通しが良くなるのだそうです。仕事力を高めることができて、それによって会社の業績をアップさせることに繋がっていくのでしょう。

日創研は、それぞれの可能性を信じる教育をしているのが特徴となっているようです。一人ひとりの成長を促すためには、それぞれの可能性を信じることが大切なのです。前向きに考えることができるようになり、積極的に行動ができるようになるでしょう。それによって社内の雰囲気も良くなっていくのです。

日創研では、解釈や考え方などについて重要視しています。物事に対してどのようにとらえるのか、事実に対してどんなふうに解釈するのかといった点を重視しているのだそうです。このような考え方を身につけさせるための教育を実施しています。

たとえば、日創研では可能思考教育というものを展開しているようです。こちらは健全な考え方を身につけさせるためのものなのだそうです。もっと良い考え方を身につけさせて、より良い行動ができるようになるのです。このような可能思考教育によって、社員のコミュニケーションを生み出して、社風を良くしていくことができると日創研は考えているのだそうです。このような、可能思考教育を基本とした教育体系を用意しているようです。どんなに能力が高くても、知識が豊富であっても、それが顧客のために活用されなければ意味がありません。そのため、顧客のために自分達の能力を発揮することができるようになることを目指した教育を、日創研は実施しているといいます。

日創研は、このような研修をどんどん展開しているようです。多くの企業が日創研の研修を受けており、それによって企業を活性化させることに成功しているといいます。これからも多くの企業を応援していくのでしょう。それが自分達の使命であると考えているのだそうです。明確なコンセプトのある教育を実施しているため、多くの企業はこちらの教育をとても信頼しているといいます。さまざまなプログラムが用意されており、階層別の教育を受けることもできるようです。確かな効果を期待できると、評価されているのだそうです。

投稿日:

日創研はさまざまな研修を提案している

日創研は、教育事業に取り組んでいます。中小企業をターゲットとして、社員の考え方を変革させることができる研修を提案しているようです。日創研の提案する教育というのは、単にスキルを向上させることを目的としていないといいます。そうではなくて、正しい考え方を身につけることを重視しているのだそうです。そうすることによって、社内のコミュニケーションが活発となり、社風も改善されていくといいます。より良い仕事ができるような雰囲気が、熟成されていくでしょう。そのような環境を整えるため、大きく貢献するのが日創研の教育なのです。

日創研は大きく分けて5つの教育を展開しているということで、これらによって中小企業の活性化に貢献しようとしているといいます。たとえば、業績向上の研修を実施しているようです。こちらでは営業スキルアップや経営理念塾、幹部育成といったプログラムが用意されているということです。業績を向上させるために必要なスキル、考え方を身につけることができるでしょう。

コミュニケーション能力の向上のためのプログラムも展開しているようです。セールスコーチングや若手社員育成セミナー、心理学セミナーといったプログラムがあります。仕事をする上でコミュニケーション能力はとても大事な要素となります。これがなければまともに仕事を進めることができないでしょう。そのような能力を高めることに役立ってくれそうです。

企業の問題を解決するためのプログラムもあるようです。こちらでは業種別の研修と、目的別の研修が用意されています。たとえば、美容業や介護業、飲食業のための研修を提案しているようです。あるいはマネジメントや人材育成、経営理念といった目的ごとにプログラムをカスタマイズすることもできるといいます。良い社風づくりのための教材学習やツールの提供も、日創研は行っているようです。たとえば、通信講座やコーチング型カレンダー、目標管理手帳といったものがあるのです。

そして、日創研がとても重視している、可能思考教育を受けるためのコースも用意されているようです。可能思考教育というのは、ビジネスにおいて重要な考え方を身につけるための教育のことであり、日創研独自の試みとなっているといいます。こちらの教育を受けることによって、仕事を進める際に重要な考え方を理解して、実践できるようになるでしょう。

日創研はこのように、豊富な研修を実施しています。それぞれよく考えられた内容となっており、需要に合ったものと考えることができます。これからもさまざまな研修を展開していくでしょう。そして、これらの研修を通して、いろいろな能力を高めていくことができるのではないでしょうか。

投稿日:

日創研は事業として研修を開催する

日創研はこれまで、中小企業の活性化のためにさまざまな研修を展開してきたという企業です。日本の企業の大半を占めるのが中小企業です。したがって、中小企業が元気にならなければ、日本の経済が元気になることはありません。そこで日創研は、多くの中小企業がもっと元気な状態になることを目指して研修を提案しているのだそうです。こちらの研修を受けることによって、中小企業の社員をそれぞれ教育することができるでしょう。これによってコミュニケーション能力を高めたり、仕事のスキルを高めたり、大切な考え方を身につけたりすることができるのです。

そんな日創研の研修は、さまざまなスタイルで提案されているようです。いろいろなスタイルの研修方法が存在しているのです。それぞれの目的や環境に合わせて利用すると良いでしょう。たとえば、集合研修というものが実施されています。こちらは約100種類もの研修プログラムが用意されているようです。それらの中から目的に合わせて選び、集団で社員に研修を受けさせることができるのです。企業内研修というスタイルもあります。こちらは日創研のほうで、講師をそれぞれの企業に派遣します。そして、それぞれの企業の経営課題に合わせ、カスタマイズされた研修を実施するそうです。さらには、教材学習という方法もあります。こちらの場合は講師を利用する必要はありません。教材を購入して、そちらを用いて社内で研修を実施するもののようです。

日創研は、いろいろな内容の研修を用意しています。それぞれ目的が異なっていることが見て取れます。まず、組織力の向上のための研修があります。業績向上や職務遂行能力向上のための研修もあります。さらにはコミュニケーション力向上のための研修プログラムも用意されています。それぞれのプログラムはよく考えられた内容となっています。日創研は、研修に関して豊富なノウハウを有しているといいます。そのため、こちらの教育を受けることによって、大きな効果を期待することができるでしょう。

日創研では、階層別の教育カリキュラムを用意しています。中小企業の社長や幹部、社員にとって、それぞれ必要とされている能力は異なっているものです。それぞれが自分の力を上手く発揮するための教育を受けられるように、日創研はカリキュラムを工夫しているのだそうです。それぞれにとって本当に必要な教育を、日創研は提供しているといいます。これによって、三位一体の組織の発展を目指すことができるのだそうです。

日創研では、このようにバリエーション豊かな研修が実施されています。これからも多くの中小企業に利用されることになるのではないでしょうか。

投稿日: