日創研はさまざまな研修を提案している

日創研は、教育事業に取り組んでいます。中小企業をターゲットとして、社員の考え方を変革させることができる研修を提案しているようです。日創研の提案する教育というのは、単にスキルを向上させることを目的としていないといいます。そうではなくて、正しい考え方を身につけることを重視しているのだそうです。そうすることによって、社内のコミュニケーションが活発となり、社風も改善されていくといいます。より良い仕事ができるような雰囲気が、熟成されていくでしょう。そのような環境を整えるため、大きく貢献するのが日創研の教育なのです。

日創研は大きく分けて5つの教育を展開しているということで、これらによって中小企業の活性化に貢献しようとしているといいます。たとえば、業績向上の研修を実施しているようです。こちらでは営業スキルアップや経営理念塾、幹部育成といったプログラムが用意されているということです。業績を向上させるために必要なスキル、考え方を身につけることができるでしょう。

コミュニケーション能力の向上のためのプログラムも展開しているようです。セールスコーチングや若手社員育成セミナー、心理学セミナーといったプログラムがあります。仕事をする上でコミュニケーション能力はとても大事な要素となります。これがなければまともに仕事を進めることができないでしょう。そのような能力を高めることに役立ってくれそうです。

企業の問題を解決するためのプログラムもあるようです。こちらでは業種別の研修と、目的別の研修が用意されています。たとえば、美容業や介護業、飲食業のための研修を提案しているようです。あるいはマネジメントや人材育成、経営理念といった目的ごとにプログラムをカスタマイズすることもできるといいます。良い社風づくりのための教材学習やツールの提供も、日創研は行っているようです。たとえば、通信講座やコーチング型カレンダー、目標管理手帳といったものがあるのです。

そして、日創研がとても重視している、可能思考教育を受けるためのコースも用意されているようです。可能思考教育というのは、ビジネスにおいて重要な考え方を身につけるための教育のことであり、日創研独自の試みとなっているといいます。こちらの教育を受けることによって、仕事を進める際に重要な考え方を理解して、実践できるようになるでしょう。

日創研はこのように、豊富な研修を実施しています。それぞれよく考えられた内容となっており、需要に合ったものと考えることができます。これからもさまざまな研修を展開していくでしょう。そして、これらの研修を通して、いろいろな能力を高めていくことができるのではないでしょうか。

投稿日: