日創研は中小企業の活性化を目指す

日創研は1987年に設立されたという会社です。大阪に本部が設置されているとのことで、他にも東京や名古屋、福岡、札幌といった都市に研修センターや営業所が設置されているようです。たくさんの会員企業が存在しているといい、会員のためにサービスが提供されています。

日創研石川経営研究について見る

そんな日創研は中小企業の活性化を目的として活動しているといいます。中小企業のための指導方法を用いて研修を実施しているようです。その内容は実務的であり、とても効果があると評判になっているといいます。日創研の研修は主に可能思考教育と職能教育が中心となっているようです。可能思考教育では、人格面の教育を行うそうです。一方、職能教育では、職務遂行能力を向上させるための教育を実施しているといいます。これらを中心として、さらに各種プログラムの開発をして提供をしているのだそうです。日創研のプログラムは、実際に効果が感じられることを重視しているそうです。そのために、実習やケースメソッドを含めた内容となっているようです。そのため、実際の仕事にすぐに役立てることができるのではないでしょうか。こうした効果的な研修を実施しているのです。

また、日創研では階層別のプログラムを用意しているようです。こうすることによって、体系的に人材の育成に取り組むことができるといいます。企業にはさまざまな階層の社員が存在しています。それぞれが必要としている研修は異なっています。それぞれの階層に応じて伸ばすべき能力には違いがあるでしょう。それに対応したプログラムを日創研は用意しているということです。

日創研の研修を受講している人の数は、年間にのべ2万人を超えるほどの数になっているといいます。これまでに、数十万人という人達が受講してきた実績があるのだそうです。その人達は、それぞれの所属している企業や団体で活躍しているといいます。

このような研修だけではなくて、日創研では経営コンサルティングを実施し、経営専門誌を発刊するという活動もしているようです。さらには企業が活用することができる、教育ツールの開発にも取り組んでいることが見て取れます。研修以外の事業も充実していることがわかるのです。

日創研は、今後も中小企業のための事業活動に取り組んでいくのでしょう。日本の中小企業が元気になるならば、それは日本経済全体に大きな影響を与えることができるのです。もっと元気な企業が増えることを、日創研は願っているといいます。そのために、自分達にできることに取り組んでいるのだそうです。もっと多くの中小企業の役に立ち、頼ってもらえる企業となるために、今後も努力を続けていくのではないでしょうか。実際、こちらの事業を頼りにしている企業は多いようです。

投稿日: