日創研は事業として研修を開催する

日創研はこれまで、中小企業の活性化のためにさまざまな研修を展開してきたという企業です。日本の企業の大半を占めるのが中小企業です。したがって、中小企業が元気にならなければ、日本の経済が元気になることはありません。そこで日創研は、多くの中小企業がもっと元気な状態になることを目指して研修を提案しているのだそうです。こちらの研修を受けることによって、中小企業の社員をそれぞれ教育することができるでしょう。これによってコミュニケーション能力を高めたり、仕事のスキルを高めたり、大切な考え方を身につけたりすることができるのです。

そんな日創研の研修は、さまざまなスタイルで提案されているようです。いろいろなスタイルの研修方法が存在しているのです。それぞれの目的や環境に合わせて利用すると良いでしょう。たとえば、集合研修というものが実施されています。こちらは約100種類もの研修プログラムが用意されているようです。それらの中から目的に合わせて選び、集団で社員に研修を受けさせることができるのです。企業内研修というスタイルもあります。こちらは日創研のほうで、講師をそれぞれの企業に派遣します。そして、それぞれの企業の経営課題に合わせ、カスタマイズされた研修を実施するそうです。さらには、教材学習という方法もあります。こちらの場合は講師を利用する必要はありません。教材を購入して、そちらを用いて社内で研修を実施するもののようです。

日創研は、いろいろな内容の研修を用意しています。それぞれ目的が異なっていることが見て取れます。まず、組織力の向上のための研修があります。業績向上や職務遂行能力向上のための研修もあります。さらにはコミュニケーション力向上のための研修プログラムも用意されています。それぞれのプログラムはよく考えられた内容となっています。日創研は、研修に関して豊富なノウハウを有しているといいます。そのため、こちらの教育を受けることによって、大きな効果を期待することができるでしょう。

日創研では、階層別の教育カリキュラムを用意しています。中小企業の社長や幹部、社員にとって、それぞれ必要とされている能力は異なっているものです。それぞれが自分の力を上手く発揮するための教育を受けられるように、日創研はカリキュラムを工夫しているのだそうです。それぞれにとって本当に必要な教育を、日創研は提供しているといいます。これによって、三位一体の組織の発展を目指すことができるのだそうです。

日創研では、このようにバリエーション豊かな研修が実施されています。これからも多くの中小企業に利用されることになるのではないでしょうか。

投稿日: